沿革

TOP > 病院のご案内 > 沿革

おかげさまで奥島病院は
開院より100年を迎えました。

これまで支えてくださった皆様には大変感謝しております。

奥島病院はこれからも常に質の高い医療を目指し続けます。
また地域に密着し、貢献し続けます。

沿革

大正4年
5月
初代院長、奥島愛治郎、松山市一番町に奥島外科病院70床を開設。
昭和20年
7月
病床数100床の規模にて診療のところ戦災に遭い焼失。
10月
松山市梅津寺町に診療所を開設。
昭和28年
10月
奥島愛治郎院長死去のため、梅津寺診療所を閉鎖。
昭和29年
2月
松山市道後町688(現在地)に奥島外科病院を開設。院長に奥島団四郎就任。病床数42床。
昭和32年
8月
病床122床増床し、計164床(一般53床、結核111床)となる。
昭和34年
4月
整形外科を開設。
昭和41年
9月
既存棟鉄筋コンクリート造3階建に接続して、鉄筋コンクリート造、地上6階、地下1階、塔屋1階を増築、86床を増床し250床(一般200床、結核50床)となった。
昭和57年
5月
既存棟鉄筋コンクリート造3階建を解体撤去し、同上に増改築改装工事の許可を得る。 結核患者減少により25床減少し、一般を25床増加、250床の内容を変更(一般225床、結核25床)した。
7月
既存棟地上6階建を消防法適合のため全館改装。
昭和58年
7月
既存棟地上6階建に接続して鉄筋コンクリート造、地上6階、塔屋1階を増築、医療法第27条の規定により使用の許可を得る。
一般病床186床、結核病床25床、計211床に変更。
平成7年
2月
一般病床98床を療養型病床群に変更 一般病床88床、療養病床98床、結核病床25床、計211床となる
平成8年
8月
医療法第44条の規定により、医療法人団伸会奥島病院の許可を得る。
9月
結核患者減少のため結核病床(25床)を廃止。  一般病床88床、療養病床98床、計186床に変更。
平成9年
4月
新たに泌尿器科、婦人科を新設し、9診療科となる
平成12年
4月
療養型病床群のうち3階病棟49床を介護保険適用の病棟へ変更。
一般病床88床、医療型療養48床、介護型療養49床、計185床となる。
平成13年
2月
院長に奥島伸治郎就任。
平成15年
5月
一般病床87床、医療療養48床、介護療養49床、計184床に変更。
平成16年
1月
リハビリテーション科を新設、10診療科となる。
平成21年
5月
病院機能評価取得
平成22年
4月
介護療養型医療施設を廃止。医療療養に変更。
平成24年
4月
耐震化工事に伴う、リニューアル工事及び新棟建築工事着工。
平成25年
9月
院内保育所再開。
平成26年
1月
オーダリングシステム導入。
5月
病院機能評価 機能種別版評価項目:一般病棟1 3rdG Ver.1.0認定取得。
8月
一般病床92床、医療療養病床92床(計184床)に変更。
平成27年
3月
耐震化工事に伴う、リニューアル工事及び新棟建築工事竣工。
4月
電子カルテシステム導入。