職員倫理および臨床倫理方針

TOP > 職員倫理および臨床倫理方針

職員倫理および臨床倫理方針

当院では患者さんの基本的人権および権利に配慮し、医療機関としての社会的責務を遂行します。
又当院職員は、医療・介護の専門職としての自覚を忘れることなく医療の充実に貢献します。
患者さんの人権を守ります
  • 説明義務 : 知る権利やがん告知などに関するインフォームド・コンセントの徹底
  • 守秘義務 : 個人情報の保護
  • 患者さんの立場に立った対応で良好な信頼関係の構築
患者さんの自己決定権を尊重します
  • 治療方法の選択:医療従事者との相互理解のもと、患者さんまたは保護者の意思表明を尊重
  • 患者さんの医療参加への援助
倫理委員会で審議を行い、治療方針を決定します
  • 患者さんの信条と医療行為の妥当性に関する問題
  • 尊厳死、ターミナルケア、延命治療など生命の尊厳に関する問題
医療行為の充実に必要な教育・研究を実施します
  • 説明義務 : 患者さんと職員のインフォームド・コンセントの理解と納得
  • 守秘義務 : 個人情報保護法およびガイドラインの理解と納得
  • 人権の擁護 : 患者さんの権利について理解と実践
  • 生涯学習 : 専門性の高い知識と技術の習得
  • 先進医療の導入への努力